名刺を印刷業者に依頼する前にどんな素材にするかの確認が重要

名刺

名刺印刷は業者委託で気軽に簡単

男女

名刺の印刷は個人で行うとデザインミスや印刷ミスで手間とコストの無駄です。名刺印刷はうまく業者委託を利用して発注すれば、再印刷時にも枚数指示だけで翌日には大量の枚数を手に入れることも可能です。ネットでの注文が主流になってきているので、価格も安価になってきています。
価格の相場はモノクロ片面100枚で490円モノクロ両面で890円片面フルカラーで940円表面フルカラー/裏面モノクロで980円両面フルカラー1270円くらいでしょうか?ただし疎横領が400円くらいかかるようです。一度作成すると自分のパソコンにデザインを保存しておくことができます。
もし名刺の内容たとえば役職や所在地が変わってもそのまま変更したところだけを編集して注文することもできます。名刺のテンプレート印刷会社ごとにかなりのパターン用意されているので、相当特別なデザインが必要でない限り対応できると思われます。またオリジナルでの発注も可能ですデータを入稿してしまえば、翌日に出来上がることも可能です。紙質も希望に対応している会社が多いので硬さと厚さを選ぶことができます。業者への委託はとにかく安くて速くなっていますので、急に必要になったときでも対応できる会社があり便利です。

名刺印刷の仕上がりを確認するには

ネットから注文できる名刺印刷サービスは、ビジネスに欠かせない名刺を即座に作ってくれる頼もしい存在です。ただ初めてその業者に注文する場合仕上がりのイメージがどうなるのかつかめないかもしれません。イメージと違う名刺が届いてがっかりすることのないよう印刷サンプルを活用しましょう。
印刷サンプルとは出来上がりの紙の質感やインクの色合いなどを確かめやすいように、サンプルを送付してくれるサービスのことを言います。パソコンの画面で見る色合いは、どうしても実際の印刷物とは異なります。微妙な色合いを重視したいのであれば、必ず事前に印刷サンプルを取り寄せて仕上がりを確認することが大切です。
名刺では印刷に使う紙の質感も重要なポイントとなります。ツヤがない紙を希望するのであれば、マット紙を光沢感を重視するなら、光沢紙を選ぶのが基本です。しかし実際の質感はわかりにくいため印刷サンプルで確認しておいたほうが良いでしょう。紙の重さも名刺の出来栄えを左右します。例えば、手に取った時に薄くて軽い名刺では相手に与える印象や信頼度なども変わってくるかもしれません。重みを感じさせる名刺印刷のためにも、印刷サンプルで紙の重量をチェックしておきます。

名刺印刷は見やすさが大切

社会人になってからは、名刺を交換する機会が多くなります。素敵なデザインを制作して自分をアピールしましょう。名刺印刷のポイントは見やすさです。デザインばかりに力を注いでいると、見やすさを失ってしまうおそれがあります。そうなると名刺を渡しても名前を覚えてもらうことができません。名前や会社名アドレスが目立つよう意識して制作しましょう。
文字と文字の間隔を取ること行の間を開けることも名刺印刷で大切です。ただ開けすぎてしまうとデザインの悪い名刺に仕上がってしまうので、開けすぎないように注意しましょう。文字の濃さは強調したい部分をはっきりさせるのが一般的です。大きさも使い分けましょう。ただ小さすぎてしまうと見にくくなってしまいます。読める範囲でしっかり強弱をつけましょう。
文字を中心に左揃えにして印刷することも重要です。こうすることで好感度の高い美しい名刺に仕上がります。会社のマークは普段目にしたり使うことはありませんが、名刺には必ず入れましょう。目立つように会社名のそばに入れるのがベタです。またイメージカラーがある場合は、そのカラーを使うことも大事です。分かりにくい部分に入れても意味がないので気をつけましょう。

HEAD LINE

男性

名刺印刷で退職後の生活を豊かにしよう

それまで仕事一筋で退職した後には、することがなくなってしまったという人は少なくありません。そのような人にお勧めしたいのが自分のオリジナルの名刺印刷です。これまでは会社というコミュニティの中で活動…

MORE
名刺の受け渡し

ネット注文で低コストかつ良質な名刺印刷

相手に渡したときに、思わず羨んでもらえるような美しい名刺を作れるか、そうでないかは、名刺印刷の段階でかなりの差が開きます。きっと今まで渡した分と近い数を相手から受け取っているはずです。それらを見…

MORE